東京音楽大学付属民族音楽研究所

過去のお知らせ

  • 2019.10.1日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成
    ~「伝統×伝統」、「伝統×現代」、「伝統×地域」のクロスオーバーによる新たな価値の創出を目指して~
    誤表記のお詫びと訂正

    10月5日(土)のⅡワークショップ実践セミナー第1回伝統楽器・芸能体験の講師名の記載に誤りがございました。

    ご迷惑をおかけしたことに深くお詫び申し上げますとともに、下記の通り訂正させていただきます。

    正しい表記: 端縫いの会(西馬音内盆踊り)

  • 2019.9.22019年度 公開講座No.3 開催のお知らせ

    アジアの声ワークショップ —インドの歌謡ドゥルパド

    日時:2019年10月22日(火)18:30 - 20:00(開場18:00)
    場所:東京音楽大学池袋キャンパスB304教室
    参加費:無料
    事前予約:要満席になりました

    詳しくはこちら

  • 2019.9.12019年度 春期民族楽器入門講座 募集開始

    2019年11月4日より開催

    世界の民族楽器を実際に触りながら学べる「民族楽器入門講座」全6回・夜間開講。初めて民族楽器に触れる方もどうぞ。音楽経験は問いません。

    新講座の「パンフルート」「龍笛」も引き続き開催いたします。

    詳しくはこちら

  • 2019.9.1日比谷カレッジ「世界の音楽2019 明清楽の魅力 ~清楽演奏家・鏑木渓庵、没後150年を記念して~」

    2019年9月25日(水)開催
    申込は日比谷図書文化館へお願いします。

    日比谷図書文化館「日比谷カレッジ」

  • 2019.08.272019年度 公開講座No.2 開催のお知らせ

    「伊福部昭の遺した楽器 〜明清楽器を聴く【其の九】〜」を開催いたします。

    2019年 9月 26日(木)18:30〜 東京音楽大学A館A200教室

    詳しくはこちら

  • 2019.08.26楽器がつむぐ東アジア「現代×伝統」~アニメ・マンガの音楽×オーケストラ楽器×伝統楽器×映像~

    東アジア文化都市2019豊島・パートナーシップ事業

    2019年9月29日(日)15:00開演(開場14:30)
    東京音楽大学A館100周年記念ホール
    入場無料

    詳しくはこちら

  • 2019.08.21日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成
    ~「伝統×伝統」、「伝統×現代」、「伝統×地域」のクロスオーバーによる新たな価値の創出を目指して~
    募集終了のお知らせ

    日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成~「伝統×伝統」、「伝統×現代」、「伝統×地域」のクロスオーバーによる新たな価値の創出を目指して~ 定員となりましたので、募集は終了させていただきました。多数のお申込いただきありがとうございました。

  • 2019.06.25日本とアジアの伝統音楽・芸能のためのアートマネジメント人材育成
    ~「伝統×伝統」、「伝統×現代」、「伝統×地域」のクロスオーバーによる新たな価値の創出を目指して~

    東京音楽大学では、文化庁「2019年度大学における文化芸術推進事業」に採択され、日本とアジアの伝統的な音楽・芸能の公演等について、「クロスオーバーによる活用」を主たるテーマに、総合的に企画・運営できるアートマネジメントの専門的知見を有した人材を育成します。

    2019年度は、伝統的な音楽・芸能がもつそれ自体の魅力を尊重し、伝統的な楽器、演目や演奏様式、実演技法等を活かした公演やワークショップの展開方法を学びます。

    詳しくはこちら

  • 2019.06.09東京音楽大学ジャワガムランオーケーストラ出演報告

    6/2に開催されましたSHIBUYAルネッサンスに本学付属民族音楽研究所が「ジャワ・ガムラン」で出演しました。

    詳しくはこちら

  • 2019.06.09東アジア文化都市2019豊島パートナーシップ事業「楽器でつむぐ東アジアの未来」開催報告

    4/27〜28に開催されましたワークショップ「若手クリエータのための日本・中国・韓国の伝統楽器」及び「世界の弦楽器を弾いてみよう!」の様子につきまして、本学ホームページに掲載されております

    詳しくはこちら

  • 2019.06.05東京音楽大学付属民族音楽研究所研究紀要「伝統と創造=Dento to Sozo」

    東京音楽大学付属民族音楽研究所研究紀要「伝統と創造=Dento to Sozo」の2018年度電子版を公開いたしました。

    詳しくはこちら

  • 2018年度
    • 2017年度
      • 2016年度
      • 2015年度
      • 2014年度
      • 2013年度